肉寄せって上手くできる?

opaiopai

お腹、背中、脇、あらゆる贅肉を集めブラに押し込める…バストアップの基本的テクニックです。前屈みになりながらやるとしやすいです。私も下着をつける時にこの作業を行うのですが、肉を必死に集め懸命に押し込み、出来た!と思って上体を上げると、ズルっと集めた肉の半分ぐらいが元の位置に戻ってしまいます。

 

下着のサイズが合っていないのか、世の女性もみんなそうなのか…。内容が内容だけに、人に聞くのも躊躇われ確認する事がないまま現在に至ります。下着のサイズが合っていない可能性が高いと思い、再度自分のバストサイズを測ってみる事にしました。

 

…特に下着のサイズが間違っている訳でもなく、カップ、アンダー共にピッタリでした。ピッタリで集めた肉が落ちてしまうという事は、もしかして少し小さめの下着じゃないと駄目なのか?(考え過ぎて迷走)と思い、以前使っていた少しきつめの下着を探します。棚の奥に眠っていたのを引っ張り出し、再度挑戦です。肉を寄せ、詰めます。

 

下着がキツイ分、苦しくものすごくやりにくいです。苦戦しながらも、寄せ終わり顔を上げます。…落ちません??ちゃんと寄った状態のままです。ですが、形が悪いです。押し潰されてバストアップ所じゃありません。さらに致命的なのが、肉を寄せ過ぎたため胸が半分以上ブラからハミ出ています。丸見えです。世の女性は一体どうしているのでしょうか。

 

バストアップは背中を意識する

バストアップにはクーパー靭帯や大胸筋が重要だということはよく耳にしますが、実は広背筋が縮んでカチコチになっていることも原因になっています。

 
スマホやパソコンを使ったデスクワークをしていると、気づかぬうちに肩が前に出たり内側に寄ってしまいます。

 
長時間この姿勢のままでいたり習慣化していると、どんどん広背筋を使わなくなり血行不良が起こり冷えて肩がこるようになったり、無駄な脂肪がつくようになります。

 
そこで背中の筋肉を緩める方法として、タオルや紐の端を伸ばした両手で持って、頭の上からひじを下げるように引いてゆっくり元に戻す運動があります。

 
肩甲骨回りが刺激されて、背中を中心に上半身全体が動いていることを実感できると思います。

 
また、背中を意識して継続的に動かすことで筋肉がつき、良い姿勢とされるS字カーブの曲線を描く背中になって体のラインがきれいになります。

 
そこで余分なお肉がバストにしっかり集まるようにマッサージをすることで、効率よくサイズアップや形の整ったバストを目指すことが出来ます。

 
バストアップしたいからといって胸だけに集中するのではなく、そこを支えている筋肉を意識することが意外と近道である可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です